青年部組織図

三重県青年部は、昭和44年初代部長(故)小寺良和(ホテル姫島)により立上げられ、若き経営者を育て、さまざまな業界問題に取り組んでまいりました。全旅連青年部第9代部長小原氏(佐賀県)は、特別地方消費税の廃止を求め、反対運動を展開し、平成12年(2000年)特定の業界や利用者に対して不利益を生じさせる(特に消費税導入後)との声が大きくなり、業界団体(全旅連など)の反対運動を経て、平成9年法律9号により平成12年(2000年)3月31日をもって廃止された。近年では、ネットエージェント対策問題、固定資産税減税、NHK受信料問題、耐震問題など、青年部陳情活動や対策会議を積極的に行っております。 同業者の組織ならではの勉強会、親睦、経営相談など、青年部の活動は我々業界の向上とつながっております。

(歴代部長)T・B(東海B長)

1代小寺良和

2代五十子幸輝(二見)

3代中島 昇

4代坂本俊一(松阪)

5代吉田絋

6代寺田直樹(鳥羽)

7代小川硬一郎(四日市)

8代西村卓朗

9代大橋善美(菰野)

10代桜井八郎(津)T・B

11代南洋一郎(志摩)

12代西田 宏(湯の山)

13代前田幹弘(榊原)

14代谷口 徹(鳥羽)T・B

15代喜多一浩(二見)

16代増田幸彦(鳥羽)T・B

17代伊藤裕司(湯ノ山)

18代浜千代裕章(二見)

19代伊藤真司(津)

20代木村 良(鳥羽)

21代矢田勝敬(湯の山)

22代橋本幸喜(鳥羽)

23代小瀬古哲也(中伊勢)T・B

24代小川一隆(湯の山)

25代西田太郎〈湯の山〉

​26代野村 潤〈鳥羽相差〉

ページ上部へ戻る